乾燥肌が招くシミやソバカス

シミやソバカスに紫外線が大敵と言われています。ところが、もちろん紫外線も大敵ですが、それ以上に問題なのが乾燥肌なのです。
紫外線のメラニンがシミやソバカスの直接の原因になり、メラニンが悪役のように言われていますが、メラニンを分泌させることで紫外線から守る働きをしています。
ところが肌のターンオーバーが乱れていると分泌したメラニンを上手く排出することができに、肌に溜まってシミやソバカスとなってしまいます。
実はこのターンオーバーが乱れている状態というのが乾燥肌の状態なのです。
ターンオーバーが乱れた乾燥肌が紫外線を浴びることでバリア機能もうまく働くなり、さらにターンオーバーの乱れが悪化してシミやソバカスをつくってしまいます。
また、紫外線に当たるとシミやソバカスを作るだけでなく、紫外線の活性酸素がコラーゲンやエラスチンを壊して肌老化も早めてしまいます。
そして、冬の紫外線もばかにできませんし、春先は1年中でもっとも紫外線の強い時期ですから、紫外線の被害からお肌を守るためには1年中を通して日焼け止めクリームを塗ることをおススメします。
また、紫外線はガラスを通して入り込んできますから、窓際に多くいる人は室内でも日焼け止め対策が必要です。
そして大事なのは、日焼止めクリームは正しく塗らないと、時には逆効果になってしまいかねません。
日焼け止めクリームは塗る量が少ないと日焼け止めを塗っても効果がなく、日焼けしてしまいます。そのため、たっぷりの量を塗ってください。そして、その上からファンデーションを塗ることをおススメします。
ファンデーションはパウダーファンデーションがおススメです。パウダーファンデーションにはUVカットの効果があるものが多いです。

関連ページ

乾燥肌とは?
乾燥肌は様々な肌トラブルを招きますが、乾燥肌とは皮脂の量と水分の量が少なく、潤いがなくなりかゆみが出る他顔がテカっていることもあります。 角質が剥がれて白い粉がふいたり、ひどくなるとひび割れを起こすこともあります。
肌の保湿の仕組みについて
美しい肌の条件は、潤いのあるみずみずしい肌です。そして、みずみずしい肌に必要なのが保湿です。 みずみずしい肌は角質層で維持されていますが、角質層とは薄い角質の細胞が積み重ねられた層です。
乾燥肌を招く現在の日本の環境
冬の乾燥した空気が乾燥肌を招きますが、汚れた空気も乾燥肌を招きます。そして、乾燥肌を招く他、肌老化を早める物にPM2.5があります。 朝のテレビ番組で、毎日その日のPM2.5の値を報道していますが、現在では日本ばかりでなく世界人口の80%がPM2.5にさらされているといいます。
乾燥肌に表情筋エクササイズを!
表情筋が作り出す神秘は、同じ女性でも衝撃的な喜びがあったり感動があると、一瞬に顔が輝いて素晴らしい美人に見えます。逆に、怒りで一瞬に恐ろしい顔にもなります。