乾燥肌を招く現在の日本の環境

冬の乾燥した空気が乾燥肌を招きますが、汚れた空気も乾燥肌を招きます。そして、乾燥肌を招く他、肌老化を早める物にPM2.5があります。
朝のテレビ番組で、毎日その日のPM2.5の値を報道していますが、現在では日本ばかりでなく世界人口の80%がPM2.5にさらされているといいます。
乾燥肌を招き肌老化を早めるPM2.5は、その度合いが高い地域ではシミも多くみられるといいますが、シミも乾燥肌が招いた結果と思われます。
また、排気ガスも乾燥肌の原因になりますが、排気ガスが多い場所でも肌老化が進みやすく、額のシミや頬のシミやほうれい線の原因にもなっています。
日本ではなくドイツの調査結果ですが、肌の老化と大気汚染の関係をルール地方の70〜80代の女性を対象に調査した結果では、交通量の多い幹線道路から100メートル以内の範囲の女性は、それ以外の女性に比べて額のシミは35%、頬のシミは15%、ほうれい線は4%多くできていたとの記事が、日本経済新聞にありました。
また、大気汚染で肌機能が低下する可能性は10倍とも言われています。
個人レベルでは防ぎきれない環境汚染からくる乾燥肌ですが、せめて自分で乾燥から肌を守るためにできることは、食べ物に気をつけることや、生活習慣の見直しです。
販売されている食品の多くに含まれている防腐剤ほかの添加物も肌の乾燥を招きやすいので、手作りの料理を心がけてください。
そして、規則正しい生活で美肌を手に入れるなどの自己防衛で乾燥肌を防ぐをことをおススメします。

関連ページ

乾燥肌とは?
乾燥肌は様々な肌トラブルを招きますが、乾燥肌とは皮脂の量と水分の量が少なく、潤いがなくなりかゆみが出る他顔がテカっていることもあります。 角質が剥がれて白い粉がふいたり、ひどくなるとひび割れを起こすこともあります。
肌の保湿の仕組みについて
美しい肌の条件は、潤いのあるみずみずしい肌です。そして、みずみずしい肌に必要なのが保湿です。 みずみずしい肌は角質層で維持されていますが、角質層とは薄い角質の細胞が積み重ねられた層です。
乾燥肌が招くシミやソバカス
シミやソバカスに紫外線が大敵と言われています。ところが、もちろん紫外線も大敵ですが、それ以上に問題なのが乾燥肌なのです。 紫外線のメラニンがシミやソバカスの直接の原因になり、メラニンが悪役のように言われていますが、メラニンを分泌させることで紫外線から守る働きをしています。
乾燥肌に表情筋エクササイズを!
表情筋が作り出す神秘は、同じ女性でも衝撃的な喜びがあったり感動があると、一瞬に顔が輝いて素晴らしい美人に見えます。逆に、怒りで一瞬に恐ろしい顔にもなります。