肌の保湿の仕組みについて

美しい肌の条件は、潤いのあるみずみずしい肌です。そして、みずみずしい肌に必要なのが保湿です。
みずみずしい肌は角質層で維持されていますが、角質層とは薄い角質の細胞が積み重ねられた層です。
この角質層には肌を守る働きがあり外部からの異物が入るのを防ぐとか、内部から水分が蒸発するのを防いでいます。また、逆に外部から水分が入るのを防ぐ働きもしていますから、化粧水をつけ過ぎても必要以上の水分を受けつけず、つけ過ぎは逆効果になってしまいます。
肌の保湿を保つには「細胞間皮質」と「NMF」そして「皮脂膜」が重要な役割を担っています。
上記3つの物質にはそれぞれの役割があり、細胞間皮質の働きは細胞の間に水分を引きこんで、そして角質細胞から水分が流出するのを防ぐ働きをしています。
IMFとは保湿因子のことで、水分と結びついて水分が蒸発しにくい結合水となって細胞から水分が蒸発するのを防ぎます。
皮脂膜とは汗と皮脂からできている物質で、肌の表面にフタをして水分の蒸発を防ぐ働きをしています。
これらの成分がバランス良く維持されることでお肌の保湿も保たれます。
しかし、年齢を重ねるとか乾いた空気などで皮脂膜の分泌が減ると水分が流れ出るのを防げないばかりでなく、NMFも流れ出て乾燥肌となります。
このような肌の保湿の仕組みがありますから、化粧水でお肌に水分だけを補給しても、乳液やクリームで蓋をしないとお肌の保湿が保たれません。
そのためには保湿に優れたコスメを選ぶことや、肌に負担をかけてダメージを与えたり、角質細胞を傷つけない優しいスキンケアが大切です。
乾燥肌になると焦って色々なケアをしたくなる気持ちはわかりますが、それでは肌に負担をかけて逆効果になってしまいます。基本を守ってケアをしながら改善するのを待つことをおススメします。

関連ページ

乾燥肌とは?
乾燥肌は様々な肌トラブルを招きますが、乾燥肌とは皮脂の量と水分の量が少なく、潤いがなくなりかゆみが出る他顔がテカっていることもあります。 角質が剥がれて白い粉がふいたり、ひどくなるとひび割れを起こすこともあります。
乾燥肌を招く現在の日本の環境
冬の乾燥した空気が乾燥肌を招きますが、汚れた空気も乾燥肌を招きます。そして、乾燥肌を招く他、肌老化を早める物にPM2.5があります。 朝のテレビ番組で、毎日その日のPM2.5の値を報道していますが、現在では日本ばかりでなく世界人口の80%がPM2.5にさらされているといいます。
乾燥肌が招くシミやソバカス
シミやソバカスに紫外線が大敵と言われています。ところが、もちろん紫外線も大敵ですが、それ以上に問題なのが乾燥肌なのです。 紫外線のメラニンがシミやソバカスの直接の原因になり、メラニンが悪役のように言われていますが、メラニンを分泌させることで紫外線から守る働きをしています。
乾燥肌に表情筋エクササイズを!
表情筋が作り出す神秘は、同じ女性でも衝撃的な喜びがあったり感動があると、一瞬に顔が輝いて素晴らしい美人に見えます。逆に、怒りで一瞬に恐ろしい顔にもなります。